実習科目

PRACTICAL TRAINING COURSE

見出しアイコン

フードビジネスに特化した実習科目

かなざわ食マネジメント専門職大学では、授業の3分の1以上が実習科目となっており、従来の文系大学の実験・実習に占める割合を比較すると、本学ではその割合が約6倍!
食に関わる実習だけでなく、経営分析、マーケティングの手法も実習を通して学びます。
就職後の現場を想定した実習を通して、様々な課題を発見する目を養い、発見した課題を解決するために仮説を立て、それを検証・実証を繰り返すことで、考える力・実践する力を深めることができます。

実習科目の一例

  • マーケティングリサーチ実習

    マーケティングリサーチ実習

    フードビジネス企業におけるリサーチの理論と手法について、フィールド調査を行い実践的に学びます。

  • フードビジネス経営分析

    フードビジネス経営分析

    国内の代表するフードビジネス企業の事例から、目標設定・戦略など実践的な経営分析能力について学びます。

  • 調理学実習Ⅰ・Ⅱ

    調理学実習Ⅰ・Ⅱ

    店舗の管理職として、店舗運営において必要となる調理の基礎知識と技術を習得します。

  • プランニング実習

    プランニング実習

    メニュー開発を通して、実践的に企画力・プロデュース力を身につけます。

  • 商品開発実習

    商品開発実習

    調理学実習Ⅰ・Ⅱを応用し、多様な顧客に応じた商品の企画・開発、試作を行います。

  • ホスピタリティーサービス演習

    ホスピタリティーサービス演習

    フードビジネス企業の実例からスタッフのあり方を考察し、ふさわしいマナーを身につけます。

  • デザイン基礎演習

    デザイン基礎演習

    周囲の色や形を観察し、実際に描くことで自分のイメージを具体的に表現する力を身につけます。

吹き出し ここが違う! 吹き出し

かなざわ食マネジメント
専門職大学の実習科目

  • 実習写真

    カリキュラムに占める実習・実験の割合が多い!

    かなざわ食マネジメント専門職大学は、今までの大学と比較すると、実習・実験の割合が非常に多い特徴があります。文系大学の授業と比較すると、約6倍もの時間になります。理論と実践をバランスよく学び、高度な実践力と応用力を身につけることができます。

  • 少人数授業風景写真

    40人以下の少人数授業で、日々自分の成長を実感!

    専門職大学の特徴として、全科目が40人以下で授業を運営する特徴があります。もちろん、実習科目についても40人以下という少数で受講することができるため、教員が学生ひとりに対してきめ細やかな教育・フォローを行うことができます。

01

カリキュラムに占める実習・実験の割合が非常に多い

実習・実験の割合

いままでの大学と専門職大学の
実験・実習割合の比較

いままでの大学と専門職大学の実験・実習割合の比較グラフ いままでの大学と専門職大学の実験・実習割合の比較グラフ

他分野の大学カリキュラムと
比較しても実習・実験の割合は
高いです!

各高等教育機関の分野別の講義、
演習、実習等の割合(大学)

他分野の大学カリキュラムと比較しても実習・実験の割合は高いです! 他分野の大学カリキュラムと比較しても実習・実験の割合は高いです!
  • ○大学等のカリキュラムに占める実験・実習や演習等の授業の割合を把握するため、大学、短期大学、高等専門学校のカリキュラムを分野別にサンプリングし、分析を実施
  • ○分析に当たっては、各科目の単位数が卒業に必要な単位数に占める割合を算出
  • ※授業の名称に「実験」、「実習」等を含むものを「実験・実習等」、「演習」を含むものを「演習」、それ以外を「講義」とした。
  • ※選択科目については、実験・実習、演習を最大限選択した場合の単位数として割合を算出。このため、単位数の割合は平均ではなく最大限取得可能な単位の割合
  • ※サンプリング数 大学12校21学科(国立2校7学科、公立1校1学科、私立9校13学科)

出典資料:文部科学省「新たな高等教育機関の教育内容・方法について(議論のためのメモ)」

02

40人以下の少人数授業で日々自分の成長を実感できます

専門職大学の特徴として、全科目が40人以下で授業を運営する特徴があります。もちろん、実習科目についても40人以下という少数で受講することができるため、教員が学生ひとりに対してきめ細やかな教育・フォローを行うことができます。

授業形式

いままでの大学と専門職大学との
人数の違い

いままでの大学

大人数授業

大人数で講義や実習等を実施。

専門職大学

少人数授業

最大40名の少数で教員との
コミュニケーションが取りやすい。