学校推薦型選抜

学校推薦型選抜には、公募型と指定校型があります。
指定校推薦型については、在籍校が指定校に該当するかどうか、進路指導教員または担任にご確認ください。

◆出願資格

<公募型>
次の1〜3の全てに該当すること。(併願可)

1.次の各号のうちいずれかの条件を満たす者
(1)高等学校または中等教育学校の後期課程を卒業した者または2023年3月卒業見込みの者
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者または2023年3月修了見込みの者
(3)学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び2023年3月31日までにこれに該当する見込みの者

2.1に挙げる学校の長が責任をもって推薦できる者

3.調査書の評定平均値が5段階評価において3.2以上の者


<指定校推薦型>

本学を専願し、次の1〜3の全てに該当すること。

1.次の各号のうちいずれかの条件を満たす者

(1)高等学校または中等教育学校の後期課程を2023年3月卒業見込みの者
(2)通常の課程による12年の学校教育を2023年3月修了見込みの者
(3)学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び2023年3月31日までにこれに該当する見込みの者

2.1に挙げる学校の長が責任をもって推薦できる者

3.調査書の評定平均値が、在籍校で定めた基準を満たしている者

選抜方法・試験科目

面接を実施する。選抜は、面接の結果と出願書類を総合して行う。

内容試験時間配点
面接15分50点
志望理由書50点
調査書100点