Loading...

目指す職業

明日の“おいしい”をつくる、
食のプロフェッショナルへ

食に関わる仕事は、あなたが思う以上に多彩です。食品製造、食品加工、食品流通、外食産業など、
さまざまな場面で活躍するプロの仕事を紹介します。

活躍のフィールド

  • フードプロデューサー、ディレクター

    レシピ開発やメニュー開発、飲食店のプロデュースなど、食べる人と作る人の橋渡し役として、食に関わるさまざまな商品開発やブランディング、イベントなどを行います。

  • 経営者・起業家

    身近な「食」を軸とするビジネスは、様々な事業展開の可能性を秘めています。新規参入しやすく、ビジネスチャンスが大きいことが特徴です。

  • 商品企画・開発

    市場動向やニーズを予測し、新商品やサービスを生み出します。ターゲットを選定し、コンセプトを立案し、具体的なイメージを企画書にまとめ、プレゼンテーションを行います。

  • フードコンサルタント

    クライアントの現状を分析し、今後の方針や経営戦略等についてアドバイスを行います。企業経営に関連する幅広い知識が必要とされる仕事です。

  • マーケター

    食に関するデータを分析し、マーケティング戦略を立て、販路の開拓・拡大を担当します。SNSを活用したプロモーションや新商品のPRイベントで、顧客のニーズに対応します。

  • フードジャーナリスト、編集者

    食に関する情報を伝えるプロとして、雑誌や新聞、Webなどに掲載する記事を執筆するフードジャーナリスト、レシピ本や料理雑誌などの編集に関わる編集者などがあります。

  • 食品バイヤー

    良質な食品、食材を最適な価格で入手する仕入れに特化した職業です。仕入先との契約や関係維持に関わり、商品のクオリティと会社の財務を支えます。

  • 店舗マネジャー

    店舗のマネジメントを行い、売上管理や勤怠管理、店舗のコンセプトに合わせた食空間の演出や集客のための戦略立案などを行います。

  • スーパーバイザー

    複数店舗をマネジメントし、本部の方針に合わせて、店舗運営の戦略についてアドバイスを行ったり、業務効率を上げる戦略についてコンサルティングを行います。