Loading...

業界からのメッセージ

将来、フードビジネスの変革期をリードするみなさんへ

今後ますます変化と進化が予想される食品業界。フードビジネスの大変革期をリードする人材を育てるかなざわ食マネジメント専門職大学には、業界からも大きな期待が寄せられています。

メッセージをお寄せ頂いた各企業様
企業名をすべて表示する

(企業名をクリックすると該当の企業様が表示されます)

この度、日本の豊かな食文化を象徴する金沢の地に開学される運びとなりましたこと、心よりお慶び申し上げます。「食」という字は「人」を「良」くすると書きます。従って、食品産業全体が人々の生命の根源を支えるCSV的な産業と云うことが出来るのです。日本の食文化の豊かさと食品産業の発展に貢献できる目的意識を持った人材のインキュベーターとして、今後の貴校の産業への大いなる貢献を心より祈念申し上げます。

ハウス食品グループ本社株式会社

代表取締役社長

浦上 博史

開学誠におめでとうございます。ニューノーマルの浸透など生活者の価値観はこれまで以上に多様化し、社会や地球環境の持続可能性もより一層求められる時代になっております。そのような中、フードサービス産業の果たす役割は、ますます大きくなるとともに、次代も見据えて絶えず変化していくことが必要と考えます。貴大学がめざす「食の今を知り、食の未来を拓く人材」の育成が、その大きな突破口になると大いに期待しております。

キユーピー株式会社

代表取締役 社長執行役員

長南 収

このたび学長に就任された岡内様には長きにわたりご指導いただき、その優れた知識のみならず小売業の最前線で培われたご経験に基づいた極めて実践的で中長期的な展望を踏まえたお話から非常に多くのことを学ばせていただきました。学生の皆さんが社会に出る前にこのような機会を持てることは極めて有意義なものになると確信しています。4年間の学びを通じて、食へのアイデアと情熱を形にできる実行力の高い人材として大いに活躍してください。

株式会社永谷園ホールディングス

代表取締役社長

永谷 泰次郎

このたびは、開学おめでとうございます!日本の食を支える調味料メーカーの弊社としては、世界を舞台に活躍できるグローバルな人材を強く求めています。その為には、高い専門知識のみならず、自ら考え行動できる不屈の精神と様々な人達とのコミュニケーションを円滑に進める能力が必要となります。社会との連携を図った実践的な教育を通じて、フードビジネスの未来を切り開く挑戦的なプロ人材の育成を期待します。

キッコーマン株式会社

顧問

根岸 康二

2020年からのコロナ禍により飲食業界は激変し、この大きな変化は新しい常態「ニューノーマル」として定着することになります。飲食業界が永続的に発展するためには、食に関する重要な役割を認識し行動する使命感と、マネジメント力の両方の要素が求められます。かなざわ食マネジメント専門職大学で学んだ皆さまと一緒に、「すべては『あ!おいしい』瞬間のために」という当社の経営理念を実践し、食を通じて人々に幸せをお届けできる日を楽しみにしています。

株式会社イオンイーハート

代表取締役社長

奥野 善德

実践的な学びによる視野の拡大や知識スキルの深化が、皆さんの将来の可能性を大きく広げてくれます。大いに学び大いにチャレンジし、自身の個性を最大限に磨いてください。学びの成果を自身の目指すキャリアの実現に繋げ、将来的にお客さまの食生活をより豊かにしていくため共にフードサービス産業を盛り上げていきましょう。

イオン株式会社

執行役 人事・管理担当兼リスクマネジメント管掌

渡邉 廣之

貴学の建学の精神「専門産業の発展に貢献できる職業人の育成」は、健康で豊かな暮らしに不可欠である“食”の世界から大きな期待がかけられていることと思います。貴学から革新的なアイディアを実現できるプロフェッショナル人材が輩出されることを願うとともに貴学の卒業生を当社グループに迎え入れられる日を楽しみにしています。

株式会社伊藤園

取締役専務執行役員

平田 篤

伝統の和食は健康メリットとともに今や世界の注目する存在となり、世界各地から移入された食は独特の進化と洗練を重ねてきました。「おもてなし」の表現はそれらの食を漠然と美化しただけに留まっている懸念に対処して、貴学は我が国の食を「文化」から「ビジネス」へと昇華させる使命を果たされることを確信しております。

ひかり味噌株式会社

代表取締役社長

林 善博

世の中がどのように変化しようと、食事を通して得られる、栄養、知識、健康が変わることはなく、食をマネジメントすることは、食卓に幸せを運ぶ手助けをすることと期待します。美味・安心・安全・健康の大切さを深く学ぶ大学を目指していただければと思います。日本から世界の食卓に、物、サービスが広がることを希望します。

大塚食品株式会社

常務取締役 営業本部長兼国際事業担当

喜多 俊哉

フードビジネス業界は日々、変化変容を見せ、その多様なニーズにリードできる革新的な人材を求めています。また、グローバルな視点で携わることにより食を通じて世界の人々の暮らしを豊かにできる産業です。貴学が新たな価値創造及び、高度な人材を輩出することにより、業界への発展に大いに貢献されますことを祈念申し上げます。

UNITED FOODS INTERNATIONAL 株式会社

President

青木 啓之

広い視野と考察力を身につけて、フードビジネスを活き活きとした事業に推進し、新たに事業を立ち上げることもできる行動力ある人材がこの大学から生まれることと思います。『人は全て自主独立すべきものである。自立の精神は人への思いやりと共に人生の根本を成すものである』渋沢栄一の言葉で、学生の皆さんにエールを贈ります。

中沢乳業株式会社

取締役会長

中澤 康浩

「食」は人が生きる根源ですが、世界が直面する極めて重要な課題~CO₂や廃プラ削減、貧困と飢餓に「食」はダイレクトにリンクしています。メーカーにもその解決の視座を持った全方位&多様な価値観を備えた人材が必要です。新たな実践と理論に裏打ちされた卒業生が、私たちと一緒に食をリードする日を楽しみにしております。

株式会社ニップン

取締役常務執行役員

大内 淳雄

この度は、かなざわ食マネジメント専門職大学の御開学、誠におめでとうございます。日本初の「食」に特化した専門職大学として開学されましたことは、同じく「食」に関するビジネスを展開している弊社にとっても、誠に意義深いものがあります。学生の皆様には、この素晴らしい大学で沢山のことを学び、幅広い視野を身につけていただき、卒業後はぜひ弊社で即戦力として活躍していただけたらと思っております。

株式会社アクアイグニス

代表取締役社長

立花 哲也

この度は御開学、誠におめでとうございます。食は我々の暮らしに無くてはならないものであり、当社も製菓製パンの原材料の販売を通して、より多くの「おいしい」「うれしい」笑顔の為に日々活動をしております。食を取り巻く環境は常に変化しておりますが、今、世界全体で持続可能性が大きく問われております。貴学が専門職大学として様々な分野と連携され、課題解決や価値創造によって、より多くの人々の笑顔が生み出されることを祈念致しております。

製菓材料総合商社

株式会社イイダ

専務取締役

飯田 泰裕

国内外からの観光客が増加する金沢ですが、歴史や文化と並び、「食」が果たす役割は非常に大きくなっています。四季折々の食材による「料理」はもちろんのこと、そのおもてなしにより観光客の満足度を上げることができれば次なる観光客の創出につながります。まさに地域の経済をも牽引する期待と責任を飲食事業者は担っています。その責任を担う高度人材を育成し、地元に食のスペシャリストを輩出されることを心から期待します。

株式会社
All Dash Restaurant Systems

代表取締役

浦 崇典

このたびは、開学おめでとうございます!サニーサイドは、地元石川県のブランド銘柄和牛「能登牛」のリーディングカンパニーとして、長年にわたって石川県内外での能登牛の販売、普及活動を精力的に行っている会社です。大学生活は慣れないことが多いと思いますが「百折不撓」の精神で勉学に励んで頂き、皆さんにはフードサービス業界に新たな風を吹き込んでくれることを期待しています!

株式会社サニーサイド

専務取締役

中田 光信

この度は開学おめでとうございます。昨年から続くコロナ渦の影響で私たちを取り巻く環境は大きく変わりました。人々の生活様式の変化に伴い、フードビジネスにおいてもこれまでの常識を覆すような変化が必要とされています。かなざわ食マネジメント専門職大学にて学ばれる方々には、このような新しい時代を担い、またフードビジネス界をリードする人材としてご活躍されることを期待しております。

日本マクドナルド株式会社
フランチャイジー

株式会社貴久

代表取締役

市川 雄久

石川で「食」を生業とする者として、マネジメントの名を冠す学校の開学を心から歓迎します。フードサービスは長らく、産業化の遅れた分野と見られてきました。しかし、食材や調理に関する技術・知識と同等以上に、計数管理・財務・組織運営などお皿の上にはのらない知識こそ、実際に必要とされているものだと感じます。今後、貴学で学ばれる皆様のご活躍を、心より楽しみにしています。

株式会社チャンピオンカレー

代表取締役

南 恵太

この度は、かなざわ食マネジメント専門職大学の御開学、誠におめでとうございます。今日現在、今までのやり方では通用しない世の中が目の前にあります。ただ食を通じた世界は人類が存在する限りは、なくなることはありません。今後も私たちは食という分野を通じて世界中の人々を幸せにすることを念頭に事業運営を行っていきます。この食を通じて学び成長できる場所を選ばれた皆様方には、一度しかない人生を公私ともに幸せに生きていくための糧にしていただければと思います。

株式会社ビーライン

代表取締役

大坪 悟

日本初の『食』に特化した専門職大学が地元石川県に開学されたこと、心からのお祝いとともに、大変嬉しく思っています。『食』は人々の身体だけでなく心まで満たしてくれます。『外食』となればさらにワクワク・ドキドキ楽しさ無限大です。幅広く『食』のプロフェッショナルとして学んだ人材がこれからどんどん地元中心に輩出されていくことは、弊社にとっても期待しかありません。互いにこの魅力に満ち溢れた業界発展のため頑張ってまいりましょう!

ダートコーヒー株式会社

代表取締役社長

水上 慎太郎

この度は、ご開学おめでとうございます。これまで、食と農の文化は進化し、地域と一体になって発展してきました。ですがその根幹である農村は多くの課題を抱えています。食と農は、食卓から農場まで、切れ目なくつながっており、そこには、生産からサ-ビスと多くの人々が携わっています。このような中で、農産業は生まれ変わろうとしており、スマート農業イノベーションが起こり今後は進化が加速することで、多様な人材が求められます。専門職大学で多くを学び、即戦力として活躍出来る人財を私達は心待ちにしています。

農事組合法人One

副代表理事

宮野 義隆

今、大きく変わろうとしているフードサービス業界で、当社は、「食をつなぎ、人をつなぐ」会社として、外食・食品業界における強いネットワークとノウハウで、企業の価値を最大限に引き出したM&A事業とUber Eats・出前館などのフードデリバリーコンサル事業を行なっております。産業界との連携を密にした専門職大学だからこそ育成できる、変化を楽しみ、これまでにない価値を創造できる新たな人材に当社も期待しています。

バンク・オブ・ストラテジー株式会社

代表取締役

中塚 進悟

かなざわ食マネジメント専門職大学の開学、心よりお祝い申し上げます。道の駅めぐみ白山には、貴大学グループ校の国際調理専門学校の学生さんが授業の一環として訪れ、白山市の海から山までの豊富な地域産品に目を輝かせていたのが、とても印象に残っています。皆さんも、当駅にお越しいただき、白山市の豊富な地域産品に触れていただくとともに、学生ならでは視点から様々なご提案やご意見などもいただければと思っております。

道の駅めぐみ白山

駅長

和田 善亮

開学そして入学おめでとうございます!私たちBiz Riseは飲食店を中心としたフランチャイズ本部の立ち上げ、日本の飲食店の海外進出のサポート、新業態の開発サポートなど、様々なビジネスに取り組んでいます。ビジネスの成功に共通することは広い視野をもち、可能性を追求する意志をもつ人材を確保し、共に成長し続けることです。日本で初めて、食のマネジメントを学問として専門的に学ぶ皆さまが活躍できる場はフランチャイズ業界にもたくさんあります。フランチャイズ業界について皆さまと話をする機会そして、これからの大学と皆さまの成長を楽しみにしています。

株式会社BizRise

代表取締役

小林 肇

アフターコロナを見据え、密をさける分散の時代こそ地方の時代であると受けとめ、地域の観光資源や文化資源を磨き上げ全世界から選ばれる都市にならなければなりません。その為には食文化が地域観光の決め手であり、恵まれた自然と食材そして受け継がれた技術を基に新しい息吹を吹き込む、食の専門職大学こそ、今、求められている大学であります。素晴らしい教授陣によるオンリーワンの大学開学に心からエールを送ると共にご期待申し上げます。

金沢ホテル懇話会

会長

庄田 正一

食は人が生きていく上で無くてはならないものであり、【飲食業】は、社会情勢がどんな厳しいものであっても無くなることはないであろう。否、無くならないばかりか、人の飽くなき欲求は、今以上の品質や満足を求めてやまないのではないかと思う。【飲食業】の品質、顧客満足とは何か。えてして「料理の味」と捉えられがちだが、決してそれだけでは今の顧客は満足しない。そこには、空間・人・商品のバランスが必要であり、更に科学的な仕組みも必要である。僭越ながら、弊社も店舗プロデュースという仕事を通じ「繁盛店を作る」の理念のもと、この課題に取り組んできたが、まだまだ道半ばである。フードサービスに特化した専門職大学設立のニュースには、率直に喜ばしく感じ、今後の業界の進化に期待も膨らんだ。貴校で学び、『食×経営学×ICT』のスキルを得た人財が、【飲食業】を進化・深化・新化させていく日々を心待ちにしたい。

株式会社er

代表取締役社長

鶴来 建志